パタヤのビーチの過ごし方

タイのパタヤを楽しみたいのであれば、できるだけ長期で滞在することをおススメします。4泊の旅行であるならば、よくタイで3泊してパタヤで一泊といった日程を組みがちですが、それではあまりに勿体無い。パタヤを満喫するのであれば、最低でも4泊が必要です。欧米人などは長期休暇をとって一ヶ月くらい滞在する人もいますよ。なので、タイに行くなら、バンコクはバンコクだけで楽しんで、パタヤに行くならパタヤだけを楽しむといった旅行のほうが楽しめます。

パタヤに行くには、まずバンコクを経由する必要があります。バンコクには日本からも多くの航空機が直行便を出しているので不便はないでしょう。問題はバンコクからパタヤに行く方法。もっとも楽に行くことができるのは、空港から直接タクシーで行くことです。空港を出るとタクシーの運転手が待機しているので基本交渉です。最初はふっかけてきますが2000バーツくらいであれば問題ないでしょう。それ以上にさげることも可能ですが、あまり無理な値下げは運転手の機嫌も損ねるのでおススメはしません。たとえ500バーツほど下げたところで日本円に直せば2000円くらい。バンコクに限ったことではありませんが、ある程度はチップだと割り切ってしまったほうが旅行は楽しめると思います。

パタヤに着けばまず宿探しです。日本から予約しておくに越したことはありませんが、もし予約をしていなかったとしてもよっぽど混雑期でないかぎり泊まるのに困ることはないでしょう。ビーチロードと呼ばれる海沿いでも、綺麗なホテルが一泊あたり800~1500バーツで宿泊することが可能です。ほとんどのホテルがフロントに宿泊料金を出しているので安心です。逆に言うと出してないホテルは敬遠したほうが良いかもしれません。

さて、パタヤを楽しむコツですが、基本的に急がないことを心がけます。ビーチロードからはどこでも海を満喫することが可能で、朝から何もせずにただ海を眺めることができます。海にはパラソルが用意されており、150バーツほどで一日借り切れます。日本の忙しない日常を忘れて、ただひたすら海を眺める。もし海に眺めることに飽きたら音楽を聴いたりして、とにかく何もしないことが一番の贅沢です。たまに現地の物売りが声をかけてきますが相手にする必要はありません。下手に相手をすると、他の物売りまで集ってくるので無視しましょう。そのうちあきらめます。

ある程度、海を満喫したら移動して、またノンビリするのも良いでしょう。

とにかく、パタヤの時間は穏やかに流れています。急がず焦らず、可能であれば予定も決めずに過ごすことが楽しむ最大のコツです。

のんびり過ごすなら資金的な余裕も必要です!
無人契約機でお金を借りる⇒http://mujinki.syanari.com/

ロットゥー(ミニバス)でメークロン市場に行く方法

メークロン市場はバンコクから少し遠いところにあり、行き方には2通りあります。ロットゥーと呼ばれるミニバスを使う方法と、鉄道を使う方法です。

私のおすすめはロットゥー(ミニバス)を使う方法です。これが一番速いですし、楽です。ロットゥーの乗り場はいくつかりますが、外国人旅行者に使い勝手が良いのは「ビクトリーモニュメント」の乗り場でしょう。ビクトリーモニュメントはガイドブックには「戦勝記念塔」とも書かれています。大きな塔のまわりに銃剣を持った兵士などの像が立っていてすぐに分かります。そこまではBTS(スカイトレイン)でも行けますが、タクシーかトゥクトゥクを使えば簡単です。

乗り場にはたくさんのワゴン車が停まっており、それがロットゥーなのですが、どこにどのバスが停まるのかはしばしば変更されますので、その場でメンクローン行きのバスがどこにあるのかは人に尋ねたほうが確実です。英語でもいいので「メークロン」と紙に書いて持って行くと良いでしょう。タイの人は親切なので誰かが必ず教えてくれるでしょう。またチケット売り場を探す手もあります。少し離れていますがスズキのビルの隣にチケット売り場があり、そこでならバスが探しやすいです。ロットゥーには時刻表はなく、満員になったら出発というスタイルです。すぐに満員になるものなので、長時間待つことはあまりないと思います。ロットゥーはいくつかの町で停まりますが、たいていドライバーがメークロンに着いたら教えてくれます。不安なら乗るときに「着いたら教えてくれ」と伝えておくほうが良いでしょう。

ちなみに、鉄道を使う行き方はおもしろいけどちょっと面倒です。まずタクシーで国鉄ウォンウィエンヤイ駅に行き、そこからマハーチャイ駅まで電車で1時間、さらに渡し船をつかって対岸に渡り、バーンレム駅からメークロン駅までまた電車。列車の本数が少ないのでかなり余裕のある人向きですね。

さて、ロットゥーに乗りさえすればまっすぐメークロンに着きます。が、ロットゥーは市場で停まるわけではありません。ロットゥー乗り場から少し南へ歩くと電車の線路にぶつかります。線路に沿ってさらに西、メークロン駅の方を目指せば、ごちゃごちゃしたマーケットが見えてくるでしょう。

メークロン市場は一見何の変哲もないタイの市場ですが、実は線路の「上」に広げられている市場なんです。列車が通るたびにあわただしく「たたまれる市場」として有名な観光スポットでもあります。うまく時間を合わせれば、ゆっくり近付いてくる電車と、店のおばちゃんたちが手慣れた様子で商品を脇に寄せていく姿、ギリギリに通過してく車体、そして列車が通りすぎれば瞬く間に元通りになる不思議な市場の様子を見ることができるでしょう。楽しんできてくださいね。

バンコクからアユタヤへ

タイの首都、バンコクは、日本人がよく行く観光地として、大変人気ですが、バンコク自体も物凄く見どころがあって楽しい所ではあるものの、それ以外にバンコク周辺というのも魅力的な土地にあふれています。

そのひとつが、ここもまた日本人が観光でよく訪れる場所として知られているアユタヤですが、個人旅行で行く際には、バンコクからアユタヤへはどのようにして行ったらよいのでしょうか。

バンコクからアユタヤへの交通機関にはいくつかの方法があります。

まず1つ目が、列車で行くという方法です。

バンコクのファランポー駅からアユタヤまで所要時間は約1時間半、距離にして大体70kmとなります。

ただし、海外でよくある列車の種別方法で、等分けされています。

1番下の3等の列車であれば20バーツくらいですが、この場合、座席指定はできないので、ダッシュで列車に乗り込んで席を確保するということと、あのじめじめした国でエアコンなしで、場合によっては人があふれている状態ですから、暑い思いをして列車に乗らなければいけないかもしれません。

逆に1番上のクラスであれば、エアコンもついていて、座席が指定されているので、ぎゅうぎゅう状態になることもなく、快適な列車の旅となります。

次はバスで行くという方法です。

バンコクの中心地からは離れているのですが、モチットバスターミナルという所からアユタヤまでのバスが出ていて、所要時間は1時間ほどとなっています。

1番簡単な方法は、思い立ったらすぐにでも行けるタクシーですが、もちろん値段はかなりあがります。

値段は大体2000~2500バーツとなっていますが、事前交渉が必要な場合は、必ずタクシーの運転手と交渉して、きちんと道を知っているかという事も確認してから行くのが1番でしょう。

そして、最後になりますが、安心して行ける方法があります。

日本の大手旅行会社などでは、オプショナルツアーというものを出しています。それに事前に申し込んでおけば、往復送迎してくれるので、安心して刊行する事ができます。

日本で頼むのはちょっと高い気がするという方は、例えば、タイのバックパッカーの聖地とされるカオサン通りにも旅行会社がありますから、そこへ行って申し込みをすれば、大体500バーツくらいで往復送迎や日本語ではないですが、ガイドもランチついているというお得なオプショナルツアーがあるので、利用してみるとよいでしょう。

知らない土地を観光する際には、こういった物を利用するのも賢い術です。

バンコクで安く楽しめる観光名所

私のお薦めを簡単にお教えします。

(1)ワット・アルン(暁の寺)は有名ですね。川沿いに建つ寺です。 ここを訪れたら、少なくとも1時間ぐらい見て回るといいでしょう。暁の寺として知られているので朝がお薦めですが、夜にライトアップしますので、夕方に訪れるのもいいですよ。

(2)バンコク水上マーケット:果物、野菜や花をいっぱいに積んだ行船が行きかう風景がみれます。もっともバンコクらしいところです。ツアーでは必ず含まれています。

(3)チャイナタウン(ヤワラート):チャイナタウンは、屋台や貴金属店など、カラフルなエキゾチックです。おいしい飲茶がランチですごく安くたべられますよ。ふかひれスープも安いです。

(3)ワットポー:巨大な涅槃仏見学と伝統的なタイ式マッサージが体験できます。

(4)チャオプラヤー川:バンコクを流れる川です。水上マーケットに行くとき見れます。

(5)チャトチャック市場:ウィークエンドマーケットでは沢山の人で賑わいます。

(6)カオサン通り:一時はパックバッカーの聖地と言われていましたが、いまはクラブやちょい飲みできるおしゃれなバーや屋台が集まるエリアです。

(7)ソイカウボーイ:パッポンやナナプラザより派手で面白いエリアです。ネオンライトが凝っていて見る価値あるです。一杯飲むのもいいでしょう。クラブやバーばかりです。音楽がうるさいので若い人向けかもしれません。

(8)ジム・トンプソンの家:ジム・トンプソンのタイシルクの貿易で有名になった人です。タイの芸術品や骨董品の彼の膨大なコレクションを展示しています。タイシルクのお土産も売っています。

あと、マイナーな観光情報ですが、ランブトリはカオサン通りより面白いです。この通りは、ゲストハウス、レストラン、バー、食べ物の屋台が混在しています。お店のほとんどは、Tシャツ、DVDやアクセサリーなど売っています。ストリートバーでは、安くお酒を飲めます。

ランブトリにはタイマッサージ店が沢山あります。オシャレなエリアより、ずっと安いです。

ランブトリの私のお薦めレストランは、「ボンベイ・ブルース」、インド料理です。

あとは、「マダムMusur」、タイ北部の料理屋です。

バックパッカーに人気のお店は、「ペンタイフード」、店頭に置いてある食材を選んで、その場で調理してくれるレストランです。

あと補足ですが、お寺を訪れるときはドレスコードに気を付けてください。

ではよいご旅行を。