バンコクからアユタヤへ

タイの首都、バンコクは、日本人がよく行く観光地として、大変人気ですが、バンコク自体も物凄く見どころがあって楽しい所ではあるものの、それ以外にバンコク周辺というのも魅力的な土地にあふれています。

そのひとつが、ここもまた日本人が観光でよく訪れる場所として知られているアユタヤですが、個人旅行で行く際には、バンコクからアユタヤへはどのようにして行ったらよいのでしょうか。

バンコクからアユタヤへの交通機関にはいくつかの方法があります。

まず1つ目が、列車で行くという方法です。

バンコクのファランポー駅からアユタヤまで所要時間は約1時間半、距離にして大体70kmとなります。

ただし、海外でよくある列車の種別方法で、等分けされています。

1番下の3等の列車であれば20バーツくらいですが、この場合、座席指定はできないので、ダッシュで列車に乗り込んで席を確保するということと、あのじめじめした国でエアコンなしで、場合によっては人があふれている状態ですから、暑い思いをして列車に乗らなければいけないかもしれません。

逆に1番上のクラスであれば、エアコンもついていて、座席が指定されているので、ぎゅうぎゅう状態になることもなく、快適な列車の旅となります。

次はバスで行くという方法です。

バンコクの中心地からは離れているのですが、モチットバスターミナルという所からアユタヤまでのバスが出ていて、所要時間は1時間ほどとなっています。

1番簡単な方法は、思い立ったらすぐにでも行けるタクシーですが、もちろん値段はかなりあがります。

値段は大体2000~2500バーツとなっていますが、事前交渉が必要な場合は、必ずタクシーの運転手と交渉して、きちんと道を知っているかという事も確認してから行くのが1番でしょう。

そして、最後になりますが、安心して行ける方法があります。

日本の大手旅行会社などでは、オプショナルツアーというものを出しています。それに事前に申し込んでおけば、往復送迎してくれるので、安心して刊行する事ができます。

日本で頼むのはちょっと高い気がするという方は、例えば、タイのバックパッカーの聖地とされるカオサン通りにも旅行会社がありますから、そこへ行って申し込みをすれば、大体500バーツくらいで往復送迎や日本語ではないですが、ガイドもランチついているというお得なオプショナルツアーがあるので、利用してみるとよいでしょう。

知らない土地を観光する際には、こういった物を利用するのも賢い術です。